作成者: lalaca

にごりの湯の源泉地、大涌谷から富士山を望む。アクセスも解説

今日はお天気が良かったので、大涌谷へ行ってみることにしました。
大涌谷は芦ノ湖と並び、言わずと知れた箱根観光のハイライトであります。
そして当館の浴槽に注いでいるにごり湯温泉はこの大涌谷を源泉としております。

ちなみに大涌谷は火山性ガスの影響で、呼吸器疾患や心臓疾患などがある方は観光できません。詳しくは大涌谷公式ホームページなどでご確認ください。

大涌谷の営業時間

大涌谷観光はお店の営業時間の都合で、16時までに終了できるように計画した方が良いかと思います。ロープウェイも16時過ぎには終了します。
朝は駐車場、お店とも9時開始です。ロープウェイは早雲山駅、桃源台駅とも9時始発です。

大涌谷へのアクセス

大涌谷へはマイカーのほか、バス、そしてロープウェイで行くことができます。
眺めが良いのでお勧めはロープウェイです。

早雲山、大涌谷、桃源台(芦ノ湖)を結ぶ箱根ロープウェイ

このロープウェイ、全長約4km、最大標高差300m以上というスケールの大きさで、2009年には乗車人数世界一ということでゴンドラ・リフト部門でギネス世界記録に認定されました。
ロープウェイは早雲山駅から芦ノ湖のすぐそばの桃源台駅を結んでおり、大涌谷は中間駅となります。そのほかには桃源台駅と大涌谷駅の間に姥子駅があります。
注意点としては標高が高いせいか風が強い日もあり、あまり強くなると運航停止となります。天気がちょっと心配、という日は事前に確認しましょう。
また、雨天時は霧がかかりやすく、大涌谷に行ったけど真っ白で何も見えなかった…ということもあります。

マイカーで大涌谷へ。駐車場の混雑に注意

今回は冬季の平日ということで駐車場も空いてるだろうと思い、車で行ってきました。
案の定空いていましたが、GWやお盆休みなどの繁忙期には駐車場がめちゃくちゃ混雑し、日によっては駐車までに何時間もかかる場合があります。
また、ロープウェイも混雑すると乗車までに1時間以上待つこともあるので、繁忙期はなるべく朝早くに行かれることをお勧めします。夕方は帰る人たちで、早雲山方面が混みやすいです。

大涌谷の駐車場が混んでいる場合におすすめなのが、ロープウェイ姥子(うばこ)駅の駐車場です。空いていることが多く、しかも無料で停められます。
早雲山駅にも無料駐車場がありますが、姥子より人気があるようです。

大涌谷からの富士山が絶景

さて、大涌谷についてみると、この日は快晴で富士山がめちゃくちゃきれいに見えました。
ちなみに大涌谷の標高は1,044mと箱根の中でも高い方で、天気が良くても風が強く寒い日が多いので、秋や冬に行かれる方はあったかい上着持参がオススメです。
真夏でも山なので朝晩は気温が下がります。夜は観光できませんが、朝に観光予定の方は薄手でも長袖が1枚あると安心です。

大涌谷自然研究路への立ち入りが条件付きで再開

ところで以前は「大涌谷自然研究路」を通って上の方まで登り、黒玉子を作る「たまご蒸し場」まで行けたのですが、火山性ガスの影響で2015年5月に完全に閉鎖されました。その後2022年3月28日より引率付きの予約制ツアーが始まり、限定的にですが再び行けるようになりました。

詳しくはこちらをご覧ください。

ちなみに「自然研究路」とは、噴煙地近くまで行ける全長約700メートルの小道です。閉鎖前は上に登ったところの黒たまご茶屋で黒たまごを買って食べるのが大涌谷観光の王道だったのですが、ツアー開始後もここでの黒たまごの販売はないとのことです。かわりに駅のそばの黒たまご館で買えます。

黒たまごは大涌谷を代表する名物で、温泉でじっくり茹でることにより、卵の殻の気孔に入った鉄分が硫化水素と化学反応して硫化鉄になり、黒くなるそうです。

大涌谷温泉の源泉地を望む

さて、富士山を見終え噴煙がモクモクと立ち上るところへやってきました。するとそこに、噴煙に見え隠れする建屋がありました。これは温泉の設備で、ここからにごり湯温泉が配管を通って契約している施設へ送られます。


ところでなぜお湯がにごっているのかというと、温泉に硫黄が多く含まれているからです。なので大涌谷に来ると、どこからともなくたまごが腐ったような独特のにおいが漂ってきます。
温泉の酸性度はなんとPH約2とすごい強酸性で、温泉の設備も金属だとすぐに溶けてなくなってしまうので、ほとんど使えません。例えば浴槽の栓はオールゴムか、チタン、樹脂など特殊なものを使います。配管やバルブはすべて塩ビです。
また石も種類によっては酸で溶けてしまうので注意が必要です。

大涌谷でランチは食べられる?

大涌谷は箱根の一大観光スポットなので、お土産店、名物の黒たまご以外にもランチや軽食のお店があります。
ランチの名物は大涌谷駅の2階にあるレストラン「大涌谷駅食堂」の大涌谷カレーです。旅の記念にここで食事するのもいいですね。

アクセスについてまとめ

公共交通機関の場合

箱根登山鉄道強羅駅からケーブルカーに乗り換え、早雲山駅まで行きます。そしてそこからさらにロープウェイに乗り換えて大涌谷まで行きます。
また早雲山から大涌谷まで、伊豆箱根バスでも行けます。
バスなどで芦ノ湖に先に来た場合は、ロープウェイ桃源台駅から大涌谷へ行けます。
伊豆箱根バスだと湖尻などに大涌谷行きのバス停があります。

マイカーの場合

大涌谷に有料駐車場があります。ただ混雑しやすく、混んだ場合はロープウェイ姥子駅の無料駐車場がおすすめです。姥子駅から大涌谷駅は一駅です。

大涌谷の周辺観光

一番人気は芦ノ湖観光です。海賊船や遊覧船に乗って湖を周遊したり、箱根神社に行かれる方が多いと思います。芦ノ湖からも場所により富士山が望めます。

大涌谷の歴史と外輪山

箱根の山々は活動期により、古い順に「古期外輪山」、「新期外輪山」、「中央火口丘」の3つに大別されています。
大涌谷は最後の中央火口丘のなかでも新しく、約3000年前に神山で起きた水蒸気爆発により生まれました。神山とは箱根で一番標高が高い山で、1,438mあります。
ところで箱根の主要な観光スポットはほぼ全て外輪山の内側にあるため、観光に来た人は周りのどこを見ても山があるな、という印象を持たれると思います。実際、外輪山の外側の景色はなかなか見えません。
ですが芦ノ湖の東側を通る芦ノ湖スカイラインや、南の十国峠など外輪山の外側には見晴らしがとてもよい絶景スポットがいくつもあります。外輪山の内側とはまた違った魅力があるので、機会を見つけて訪れてみてはいかがでしょうか。

※掲載内容は訪問時のものであり、今後変更、廃止される可能性があります。また注意はしておりますが、掲載内容に誤りがある可能性があります。掲載内容を元に行動された結果、損害、損失などが発生しても当館では責任を負いかねますので、必ずご自身で最新情報をご確認ください。またお問い合わせは直接各施設へお願いします。

バーベキューレストラン箱根ブリーズができるまで

楽々花には塀を隔てて遊休地がありまして、これを何とか活用しようというのが計画の始まりです。
あれこれ案を出し、結果バーベキュー場をやろうということになりました。遊休地には木々や竹が生い茂り、箱根の自然をより身近に感じられると思ったのが決め手です。
しかしコロナ禍の中、資金的にも厳しいので、できることは自分でやることにしました。

まずはバーベキュー予定地を伐採

伐採開始前のバーベキュー場予定地

まず、草やら竹やらがボーボーに生えていたので、分け入ってチェーンソーでひたすら伐採するところから開始です。

これが量が多くてなかなか大変です。草はまだいいですが、竹は長いので短く刻んで搬出します。時間を見つけては地道に伐採、搬出を繰り返し、この作業は結局3カ月くらいかかりました。

重機を投入してバーベキュー用のウッドデッキを設置


さて、伐採と搬出が終わるとここからはさすがに重機が必要なので、業者さんにお願いしました。まずはユンボで地面を平らにならしていきます。

それから楽々花と遊休地を隔てていた万年塀も撤去してもらいました。

万年塀撤去前

万年塀撤去後

 


次にウッドデッキの束石を置いていきます。ウッドデッキは合計4つ設置することにしました。


ウッドデッキの木材にはセランガンバツというハードウッドが使われています。カチカチで密度が高いのか、重たいです。この木は通常の使用だと25年は耐えられるそうです。ウッドショックの影響で高かった…涙。

バーベキューのお客様用駐車場も造成


駐車場も新たに造成しました。砕石を入れ、ランマーで叩いていきます。


バーベキュー場にも砕石を入れ、遂に完成です!

バーベキュー場の名前はみんなでいろいろ悩みましたが、木々に囲まれ、箱根のそよ風が気持ち良く感じられる場所だと思ったので、ブリーズに決定しました。
春には「ホー、ホケキョ!」と鶯の鳴き声も聞こえてきます。

バーベキューレストラン 箱根ブリーズの詳細についてはこちら

バーベキューレストラン箱根ブリーズのご案内

かながわ旅割がご宿泊とBBQにご利用頂けます。

皆様こんにちは。かながわ旅割についてのお知らせです。

当館でもかながわ旅割がご利用頂けます。
例えばお一人様1万円以上のプランを2名様で当館に直接ご予約頂くと、合計1万円引きになります。
ただしOTA(じゃらんや楽天トラベルなどのネットエージェント)経由だとこれがなぜか6千円しか割引されないようです。
なのでお電話もしくは当館ホームページからのご予約が断然お得です。

割引とは別に、上記条件の場合クーポンがお一人様当たり2千円付与されます。これはOTA経由でも同じようです。

さらに、ご入浴とセットなら日帰りBBQにも割引が使えます。通常ですとBBQ+ご入浴は5,080円ですが、1,500円割引+1,000円分のクーポンが付与されますので、実質2,580円と、約半額でご利用頂けます!

ご宿泊予約はこちらまたはお電話(0460-86-0777)

かながわ旅割について、詳しくはこちら

バーベキューについてはこちら

日帰り入浴についてはこちら

 

期限につきましては、ご宿泊は4月29日チェックアウトまで、日帰りは4月28日までです。

接種証明は神奈川県民は2回、茨城県民・群馬県民・埼玉県民・千葉県民・山梨県民・栃木県民は3回必要です。

強羅の楽々花がバーベキューレストランをプレオープン!

この度楽々花では、バーベキュー場をプレオープンしましたので、お知らせします。

ウッドデッキでウェーバーのグリルを使った本格バーベキューができます(電気がないのでランチのみです)。

詳しくはこちらのページをご覧ください。

 

ずっと雑木林だった楽々花の隣の遊休地をスタッフ皆で開拓、その後造成してもらい、やっと完成いたしました。
皆様のお越しを心よりお待ちしております。

露天風呂改修工事のお知らせ

少し遅くなってしまいましたが、あけましておめでとうございます。
本年も楽々花を宜しくお願い申し上げます。
 
お知らせがございまして、楽々花では1月17日より檜風呂の改修工事のため、2週間ほど休館させていただく予定です。
 
改修後は陶器の浴槽になる予定です。
できる限り工事の様子もお伝えしたいと思います!

’21年は箱根強羅大文字焼100周年。8月16日、花火は別日に変更

8/4更新
当初花火も実施される予定でしたが、別日に延期されることになりました。実施日は状況を見ながら決定するとのことです。

新型コロナウィルスがなかなか収束せず、皆様ストレスを感じていることと思います。
当館も思いっきり影響を受けておりますが、春が来るのをひたすら待つ冬眠のように、何とか耐え忍んでおります。

さて、そんなあまり宜しくない状況ですが、今年はなんと、箱根強羅の大文字焼きが100周年!とのことです。実施予定日は8月16日(月)です。

しかしながら、やはり新型コロナの影響で、去年に続き今年も15日の前夜祭、16日の演芸ステージ、出店などのお祭りは中止となってしまいました。
本来なら盛大に盛り上げたいところでしたが、残念です。

16日の大文字焼きは実施予定とのことですので、無事に実現できることを切に願っております!お天気も良くなりますように!
ただ臨時駐車場も閉鎖とのことですので、日帰りの方は登山電車でお越しになられた方が良いかもしれません。
当館にご宿泊されるお客様は無料で駐車場をご利用頂けます。

それから大雄山最乗寺による大法要も執り行われるとのことです。

当館は全室大文字山眺望ですので、皆様のお越しを心よりお待ち申し上げております!

大文字焼きについてのお問い合わせは箱根強羅温泉旅館組合へお願いいたします。
TEL:0460-82-2300

年末大掃除をいたしました!

年末ということで、専門業者さんにお願いして毎年恒例の大掃除を行いました。
具体的には、当館のすべて外側の窓ガラス掃除、3階客室のバルコニーの床掃除、階段のカーペットの黒ずみの除去です。

バルコニーは床の黒ずみがひどく、今回初めてお願いしたのですが予想以上に綺麗になりまして、ビフォーの写真も撮っておけばよかった、と後からちょっと後悔。

 

窓ガラスもピカピカになりまして、箱根外輪山が見事に反射しております。

 

カーペットの黒ずみもほぼ完全に取れました。

今年は新型コロナの影響が大きく、残念ながらあまり多くのお客様にお越しいただけませんでしたが、収束までじっと耐え抜けるよう頑張りたいと存じます。

どうぞ来年も楽々花をよろしくお願い申し上げます。

寒くなりますので皆様におかれましてはお風邪など引かれませんよう、ご自愛くださいませ。