タグ: 明星ヶ岳

箱根強羅大文字焼き

2019年箱根強羅の大文字焼きと花火は、無事8月16日に実施されました。 大型の台風10号の影響で、前日は大雨、前夜祭は中止となってしまいました。16日当日も降ったり止んだりながら大雨、そして強風で、大文字焼きの直前も雨が降っていて、本当に実施できるのか心配でした。
しかしいざ始まってみると、霧もなくきれいにみることができました。

今年も楽々花のバルコニーから写真を撮りまして、花火の後は、夏祭りの様子も少し撮影してまいりました。今年はやはり台風の影響か、人出が少ないように感じましたが、三浦祐太朗さんのコンサートにはかなり大勢の人が集まっていました!お天気が良ければもっとすごかったと思います。

ちなみにお祭りのプログラムはこちらをご覧ください。

箱根強羅大文字焼き、花火、夏祭り

大文字焼き、お祭りに関するお問い合わせは、箱根強羅観光協会へお願いします。
TEL: 0460-82-2300

過去の大文字焼きと夏祭り

2018年の大文字焼き
2018年お祭りのプログラム
2017年お祭りのプログラム

※掲載内容は訪問時のものであり、今後変更、廃止される可能性があります。また注意はしておりますが、掲載内容に誤りがある場合があります。掲載内容を元に行動された結果、損害、損失などが発生しても当館では責任を負いかねますので、必ずご自身で最新情報をご確認ください。またお問い合わせは直接各施設へお願いします。

箱根強羅大文字焼き(2018)
楽々花より撮影(2018年)

暑い日が続きますが、皆さんいかがお過ごしでしょうか。箱根に住んでいると、例年は年に2,3回しかエアコンをつけないのですが、最近は毎日つけています。

さて、今年も毎年恒例の箱根大文字焼きが近づいてまいりました。日にちは毎年8月16日です。今年の夏祭りのメインゲストは、三浦祐太朗さんです。ちなみに去年は増位山太志郎さんで、けっこう盛り上がってました。今年のプログラム詳細は下記のとおりです。

2019年箱根強羅夏祭りプログラム

※8月14日更新
残念ながら15日の前夜祭は台風のため中止が決定されました。

8月15日
PM 4:30 「お祭りビアガーデンOPEN」
★夏祭り前夜祭
PM 4:45 箱根宮城野こどもばやし
PM 5:15 「マジック」Ko-1
PM 5:40 「お笑いステージ」ばいそん
PM 6:00 「お笑いステージ」スベリー マーキュリー
PM 6:30 「九頭龍太鼓 」箱根囃し保存会
PM 7:00 「 大文字たいまつ焼実演」宮城野青年会
PM 7:30 「 大文字 ビンゴ大会」宮城野青年会
PM 9:00 イベント終了

8月16日
★夏祭りオープニングセレモニー
PM 2:45 「吹奏楽演奏」箱根中学校吹奏楽演奏部
PM 3:00 「湯立獅子舞」 箱根宮城野獅子舞保存会
PM 3:30 「先祖供養・東日本大震災慰霊法要」
PM 4:30 「お祭りビアガーデン オープン」
PM 5:00 「東海大学よさこいダンススクール」響
PM 5:50 「 J-POP」Music Lovers
PM 6:20 「 アコースティックデュオ」N.U.
PM 6:50 「ライブステージ」MILLEA
PM 7:30 大文字焼き点火、納涼花火大会
PM 8:30 SPECIAL LIVE 三浦祐太朗
PM 10:00 「 宮城野青年会 入場及び表彰」
PM 10:10 大文字焼き、夏祭り終了

交通規制は強羅駅周辺で16日午後6時から9時まであります。

お祭りに関するお問い合わせは、箱根強羅観光協会へお願いします。
TEL: 0460-82-2300
観光協会のサイト

過去の箱根強羅大文字焼き

2018年箱根強羅大文字焼き、楽々花からの写真と夏祭り
箱根強羅大文字焼き(2017年)、無事実施されました
※楽々花は全室から大文字焼きが見える旅館です。

番外編、大文字山ハイキング

6月に大文字山(正式名称は明星ヶ岳)に登ってきました。普段見れない強羅の景色が新鮮でした。
明星ヶ岳(大文字山)からの富士山が絶景!

※掲載内容は訪問時のものであり、今後変更、廃止される可能性があります。また注意はしておりますが、掲載内容に誤りがある場合があります。掲載内容を元に行動された結果、損害、損失などが発生しても当館では責任を負いかねますので、必ずご自身で最新情報をご確認ください。またお問い合わせは直接各施設へお願いします。

明星ヶ岳について

梅雨時で雨が多いですが、皆さんいかがお過ごしでしょうか。強羅は紫陽花が綺麗に咲いてきました。こんな時期ですが、二日ほど晴れる日があったので、明星ヶ岳に登ってきました。
明星ヶ岳は、楽々花のほぼ真正面に位置する、通称「大文字山」と呼ばれる山で、 標高は924m、箱根山の古期外輪山の一峰です。 毎年8月16日に大文字焼きと花火が行われ、それに合わせて強羅駅前ではお祭りも催されます。ちなみに去年(2018年)の大文字焼きについて、「2018年箱根強羅大文字焼き、楽々花からの写真と夏祭り」で紹介しています。

楽々花から登山口へ

楽々花から見た明星ヶ岳、通称大文字山。今回はこの山にチャレンジ!

今回の参加者はワタクシ一人、出発点を楽々花として行くことにしました。出発時刻は大体10:45でした。
まずは登山口を目指して坂を下ります。車だと強羅駅の下からグネグネとした道を下りますが、実は歩行者専用の、ほぼ真っ直ぐの近道があります。この階段を一気に降ります。これでかなり早く下まで降りられます。

降り切って左へ行くと、道が左右に分かれているので、右へ行きます。次を左に出ると、宮城野橋です。橋の向こう側にある登り道へ入ります。すると四つ角があるので、右へ進みます。しばらく行くと、道が二手に分かれているので、左へ進みます。この辺りから坂が急になってきます。さらにしばらく行くと砂利道に変わります。ここでものすごく狭い登山口を発見。うっかり通り過ぎそうになるくらい狭いです。すぐ横は駐車場になっていました。 登山口に着いた時刻は大体11:10でした。

登山開始

ここからひたすら山を登っていきます。ちなみにここまでの標高ですが、楽々花が約580m、宮城野が約460m、そこから登山口までは緩やかながら登ってきたので多分500mくらいでしょう。 明星ヶ岳の標高が924mですから、約400m登ることになります。

さて、この登山道、噂には聞いていましたが、かなり急です。そして日当たりが悪く、さらに梅雨の合間のせいか、かなりじめじめしています。半袖のTシャツで来ましたが、ちょっと登るともう汗だくです。心拍が上がりすぎると急激に体力を消耗するらしいので、上がっては立ち止まって少し休憩を入れますが、坂が急なのですぐ上がります。ちなみに登山道からは全く眺望はありません。ずっと茂みの中です。

かなり急な箇所も

大文字に到着

そんな感じだったので、「大」の字からの眺望を楽しみに、ひたすら登り続け、そしてついに辿り着きました!見てください、この眺望!ラッキーなことに富士山の山頂が雲一つなく見えます!時刻は大体11:50でした。

そしてもう一つ見たかったのが、「楽々花」です。楽々花を撮影するために、重いですが望遠レンズを持ってきました。

いっぱいまでズームにしますが、ちっさ!楽々花から見る大文字はすごく大きいのに、大文字から見る楽々花はめちゃくちゃ小さかったです。

明星ヶ岳から見た楽々花

この右側の看板、どう見ても向きが逆なような…。すごく読みづらかったです。

他にもいろいろ撮影できましたのでご紹介します。

早雲山駅。ケーブルカーとロープウェイの乗り継ぎ駅です。

クレーンの右横が早雲山駅

大涌谷駅。

一通り撮影を終えたので、一応山頂まで行ってみることにしました。登山道の入り口がわかりにくくて、ちょっと探しました。道はそんなに険しくなかったです。

山頂

山頂につきました、が、聞いていた通り眺望は全くないです。あったのは明神ヶ岳、塔ノ峰まで95分の看板。明星ヶ岳と名前が似ていますが、違う山です。時刻は大体12:30でした。

下山

今回はここまでで、元来た道を下山します。ここまで誰にも出会いませんでしたが、下山を開始してすぐに、登ってきたおじいさんに会いました。どこで拾ったか、長い木の枝を二本もっています。眺望について聞かれたので、少しお話ししました。それで、あとから思ったのですが、あとちょっとで大文字というところまで登ってきたのに、あのおじいさんは全く息も上がってなかったし、汗をかいている感じでもなかったです。私なんか汗だくになってぜぇぜぇ言いながら登ったというのに、スゴイ。

無事下山して宮城野まで戻ると、楽々花までは逆に上り坂になります。しかも階段がさっきの登山と同じくらい急です。もう体力が残ってないですが、何とか登って楽々花まで戻りました。 時刻は14:00くらいでした。 いやー、かなりいい運動になりました。

まとめ

  • 明星ヶ岳(大文字山)の標高は924m。
  • 明星ヶ岳の大文字からは富士山が見えるが、途中と山頂は全く眺望がない。
  • 楽々花からは一回宮城野まで下って、また登る。標高は大体580m(楽々花)→460m(宮城野)→ 924m(明星ヶ岳山頂)。
  • 楽々花発 10:45 → 明星ヶ岳登山口着 11:10 → 大文字着 11:50(写真撮影) → 山頂着 12:30(休憩) → 楽々花着 14:00

※掲載内容は訪問時のものであり、今後変更、廃止される可能性があります。また注意はしておりますが、掲載内容に誤りがある場合があります。掲載内容を元に行動された結果、損害、損失などが発生しても当館では責任を負いかねますので、必ずご自身で最新情報をご確認ください。またお問い合わせは直接各施設へお願いします。

 2018年箱根強羅の大文字焼きと花火は、無事8月16日に実施されました。朝から大雨で心配していましたが、夕方から夜にかけての、大文字焼きの間だけ雨が降りやむという、奇跡的なお天気でした。
去年も雨だったんで、ご先祖様が神様にお願いしてくれたのかも?

さて、今年はカメラの使い方を事前によく確認し、楽々花のバルコニーから写真を撮りました。
撮ってみて思ったんですが、花火の写真は非常に難しいです。なぜなら、三脚でカメラを固定しないといけないんですが、花火の打ちあがる位置が、種類によって高かったり低かったりするのです!そして、いつ打ちあがるのか、まったくわかりません。
でも一応撮れましたんで、どうぞご覧下さい。風が少しあったせいか、煙が滞留せず、花火はかなり鮮明に見えました。
花火の後は、夏祭りの様子も少しですが撮影してまいりました。

お祭りには夜9時ごろ行ったのですが、すでに店じまいしている露天もありました。もうちょっと早く行った方がよさそうです。
歌謡ショーへ行ってみると、歌手の増位山太志郎さんが舞台から降りて歌っていて、その周りをたくさんのおじいちゃん、おばあちゃんが取り囲んで、みんなスマホで写真や動画を撮っていました。

お祭りの様子

広島焼き。終盤でもけっこう売れているようでした。

お祭りに関するお問い合わせは、箱根強羅観光協会へお願いします。
TEL: 0460-82-2300

天気予報は曇り時々晴れだったんで、すっかり安心してましたが、朝起きてみると、大雨。午後になっても降ったりやんだり。「もしかしてダメかも…」と心配していましたが、夕方ごろに降りやみ、無事実施されました。そして夜10時ごろには再び大雨。まさに奇跡的な雨のやみ方でした。去年は霧が晴れず、あまりよく見えませんでしたが、今年はよく見えました。

楽々花は全室大文字山眺望の旅館です。皆様のお越しを心よりお待ち申し上げております! (さらに…)

連日の雨、そして当日も朝からずっと雨で、実施が危ぶまれていた箱根強羅の大文字焼きですが、夕方からは小雨になるという予報だったので、無事実施されました。
しかし残念ながら霧が晴れず、あまりよく見えませんでした。来年はぱぁーっと晴れてくれることを祈ります!

楽々花は全室大文字山眺望の旅館です。皆様のお越しを心よりお待ち申し上げております! (さらに…)