カテゴリー: 強羅

強羅に来たら訪れたい、おすすめ観光スポット3選

強羅と言えば、箱根登山鉄道強羅駅を中心として、施設巡りバスや、ケーブルカー、そして早雲山からのロープウェイと、箱根観光の交通の要衝として知られていますが、実はそれだけではなく、人気の観光スポットもありますので、今回はその中から3つご紹介いたします。

箱根彫刻の森美術館

2019年に開館50周年を迎える箱根彫刻の森美術館は、7万㎡もの広大な庭園に、約120点の彫刻が展示されています。また世界有数のコレクションを誇るピカソ館などの屋内展示場のほか、小さなお子様でも楽しめるアスレチックスペースもあり、家族連れにも人気です。
私も行ったことがありますが、広大な敷地に点在する数々の彫刻はもちろん、ピカソ館も見ごたえたっぷりで、何時間でも過ごせてしまいます。 箱根の四季を感じながら、彫刻のある庭園を散策してみてはいかがでしょうか。
カフェもあるのでちょっと疲れたと思ったら気軽に休憩できるのもいいですね。また、「ベラフォレスタ」、「彫刻の森ダイニング」という2つのレストランもあり、 ベラフォレスタはビュッフェ形式、 彫刻の森ダイニングは2016年にオープンした、ガラス張りからの見晴らしが絶好なレストランです。

アクセスも便利で、箱根登山鉄道の強羅駅から1駅、次の彫刻の森駅を降りてすぐです。楽々花からは強羅駅から電車でもいいですし、歩いても25分程度なので、電車のタイミングによってはあまり時間が変わりません。

箱根強羅公園

楽々花から歩いて約5分、お散歩に最適な公園です。熱帯植物園や、 体験工房のクラフトハウスもあり、吹きガラス、陶芸、サンドブラスト、とんぼ玉、ポタリーペインティングの5つが楽しめるほか、本格的な切子の制作ができる切子体験も新登場、自分だけのオリジナル作品を作れます。
強羅公園は大正3年(1914年) に開園された歴史ある公園で、 白雲洞茶苑や正門など国登録記念物がいくつもあります。
公園内は季節により様々な花が咲き乱れ、カフェもあるのでのんびり過ごすことができます。
ちなみに強羅公園の上(公園の西側)にある箱根美術館は紅葉の名所として有名です。

箱根写真美術館

強羅駅とケーブルカー公園下駅の間にひっそりと佇む箱根写真美術館はカフェ、「プレジール・ドゥ・ルフ」を併設しており、手作りのパウンドケーキやオリジナルのブレンドコーヒーなどを楽しめます。私も何度も行ったことがありますが、ケーキもドリンクもとってもおいしかったです。
また、美術館には箱根出身の写真家、 遠藤 桂(かつら)さんによる富士山の作品が常設展示されています。
強羅駅や強羅公園のすぐ近くなので、観光の合間に、こちらのカフェでちょっと一息ついてみてはいかがでしょうか。

箱根写真美術館

※掲載内容は訪問時のものであり、今後変更、廃止される可能性があります。また注意はしておりますが、掲載内容に誤りがある場合があります。掲載内容を元に行動された結果、損害、損失などが発生しても当館では責任を負いかねますので、必ずご自身で最新情報をご確認ください。またお問い合わせは直接各施設へお願いします。

強羅の桜も満開です!- 2019 –

先日早川の桜並木をご紹介しましたが、実は強羅にもけっこう桜の木がありまして、楽々花のすぐ近くの桜並木も満開でしたので、こちらもご紹介したいと思います。
今回撮影した場所は、当館の前の坂道を少し登って、四つ角を右に曲がるとすぐのところです。徒歩約1分ですので、開花時期に楽々花にお越しいただきましたら是非ご覧ください。
楽々花から行くと、まず右手に四季倶楽部彩香さんの前に桜、そして左側にファミールビラ7番館さんの前に 桜があります。そしてそのもう少し向こうの、東亜荘さんという保養所のそばにも桜があります。強羅は坂道が多いですが、ここはほぼ平坦で歩きやすいです。
次の日以降はずっと雨予報のせいか、ほかにも写真を撮られている方がいらっしゃいました。

以上、楽々花周辺の桜をご紹介いたしました。

※掲載内容は訪問時のものであり、今後変更、廃止される可能性があります。また注意はしておりますが、掲載内容に誤りがある場合があります。掲載内容を元に行動された結果、損害、損失などが発生しても当館では責任を負いかねますので、必ずご自身で最新情報をご確認ください。またお問い合わせは直接各施設へお願いします。

到强罗箱根写真美术馆与富士山相遇,享受五感回归的生活

大家好,不知道炎炎夏日大家都会去哪边玩耍呢?

来到箱根,就是要体验慢活旅游,

因此今天要跟大家推荐一个隐密景点「箱根写真美术馆」。

「箱根写真美术馆」就在强罗公园附近的小巷弄里,无论是从强罗车站或是公园下车站都很方便。

从乐乐花出发的话,路程只须要5分钟左右。

经过公园下车站的小隧道后,就可以看到放在左手边地上的指引看板了。

沿着楼梯走下去,马上就看到第二个指引看板,完全不用担心找不到路喔!

转进小巷子后,前方有着红色旗子的地方就是箱根写真美术馆了。

箱根写真美术馆入口被植物包围着,木门旁挂著咖啡壶形状的告示,以及放著菜单的桌子。

没错!这边还有经营咖啡馆,名叫「Plaisir De L’oeuf」。

进去后正前方的门就是美术馆入口

右手边则是咖啡厅

里面有室内座位

也有贩售摄影集和商品

左手边庭院设有一些座位,作为咖啡厅室外区使用

这边先跟大家说明一下,美术馆是由馆长「远藤 桂」先生开设;
咖啡厅则是他的太太经营。

↑上图为远藤夫妇合照

接下来进入正题啦!

由于是十一点左右抵达的,因此决定先参观美术馆,再到咖啡厅用餐。

※提醒大家,美术馆内禁止摄影※

这次是因为取材才获得拍摄许可,请大家务必遵守馆内规则喔~

美术馆有两层楼,一楼通常是常设展,会固定展示远藤先生拍摄的富士山作品;

二楼则是展示厅,会展示远藤桂先生的爷爷「山田应水」的富士山摄影作品,也会不定期举办企划展、经常与国内外新兴艺术家合作展出。

两层的展示作品有时候会调换位置,像这次取材时,富士山作品就在二楼,企划展则在一楼。

走进大门后,左手边就是一楼展览室, 这边空间不大,是一个圆弧形的建筑,中央摆了桌椅,大家可以放慢步调参观、休息、或阅读桌上的介绍书。

展示柜里有一些有纪念意义物品,像是相机、马蹄等等。

这次的企划展「フランス风景写真展 〜旅の途中〜 」,是远藤桂先生从1999年开始,拜访法国时陆续拍摄的照片。

远藤先生十分擅长利用光影和角度,在他的拍摄下,浪漫之都法国散发出跟截然不同的味道。

本次展览期间从8月1日到10月29日,有兴趣的朋友千万不要错过喔!

接下来前往二楼参观常设展。

楼梯就在美术馆大门一进来的地方,上去后往后转就看到展场入口了。

一进门会先看到售有年历等商品的桌子。
里面有很多漂亮的照片,非常值得收藏或送礼喔!

桌子左手边有一个小阶梯,上去就是展览室了。

二楼展览室位于一楼展览室正上方,所以从木头地板往下看,可以看到一楼展区。

这里的装潢用了一些树干,台面和窗框都使用木材装潢,打造出树屋那种温暖可爱的感觉。

大家有没有注意到,照片中的复古相机呢?

远藤桂先生就是用它拍摄四季不同时间、不同角度的富士山喔!

讲到这里,要特别感谢箱根写真美术馆的名誉馆长「远藤贯一」先生的解说。

远藤贯一先生十分热情友善,从建筑物的设计理念、到作品的解说,一幅一幅细心讲解拍摄地点、取景的光线、作品想要捕捉的意境等等,让人仿佛就站在拍摄当时,摄影师所看到的情景一般,如果没有他的解说,想必会少了不少感动。

除了每月6日、16日、26日,每周五、六、日10:00~17:00会开放名誉馆长的常设展解说,如果想要深度参访的话,建议大家在这些时间前往喔!

参观完后也差不多午餐时间了,接下来就到咖啡厅吃东西吧!

远藤小姐推荐了 3个当季代表的餐点。

(以下餐点名称是个人解读,请大家多多包涵。)

第一个是磅蛋糕双拼(パウンドケーキ2种セレクト,¥800)

磅蛋糕总共有三种口味:橙皮、香蕉、蔓越莓

都可以单点,选组合餐的话可以用优惠价格吃到任两种口味喔!

远藤小姐推荐了香蕉和蔓越莓口味

香蕉味道浓郁,也吃的到香蕉块;蔓越莓则是里面有大量的蔓越莓和南瓜子。

蛋糕湿度适中、不会太甜,鲜奶油清爽不黏腻,沾一点红糖脆脆的吃,真的是一大享受!

第二个是八岳冰淇淋(八ヶ岳グラッセ,¥450)

有很多口味可以选择,这次点的是蓝莓口味。

使用的是八岳农场生产的牛奶冰淇淋,底下还有铺一层自家制的坚果麦片,非常好吃!

饮料则是推荐充满夏天气息的玫瑰果柳橙汁(ローズヒップ&オランジュ,¥450)

酸酸甜甜的,喝起来十分清爽。

箱根写真美术馆有个让人感到很温暖的创立宗旨「缘与圆」。

因此这边有很多东西都是从结了「缘」的人那里取得。

例如美术馆的建筑师跟八岳农场有过合作关系,所以采用八岳农场的冰淇淋;

磅蛋糕是由远藤小姐的一位在法国学习甜点的朋友制作;

其他甜点则是这位朋友写食谱,然后由远藤小姐制作。

除了甜点,咖啡馆还有提供咸食。

其中由于远藤桂先生从尼泊尔回来后才正式以摄影师开展览,所以咖啡馆也有提供咖哩饭。

推荐给敢吃辣的朋友们,千万不要错过喔!

箱根写真美术馆空间其实不大,但建筑物、庭院、摆设等等,都营造一种优雅悠闲的舒适感。

远藤小姐表示,这里是能和富士山相遇的美术馆,而咖啡厅主要是想要让人们「五感回归」,也就是在自然中感受风、气味和声音度过时光。

↑图片取自官网

这次的取材主要由远藤小姐带领,

在此感谢她的大力帮忙,也恭喜她,就快要当妈妈囉!

今年(2018)9月就会因生产短暂离开这边,预计11月底回来。

也因此,这短时间咖啡厅内不会提供甜点及部分餐点喔!

将以咖哩作为主打产品。

如果想要品尝甜点的朋友们要留意一下时间。

来强罗的朋友们,一定要来箱根写真美术馆看看!

◎店址: 神奈川県足柄下郡箱根町强罗1300-432

◎电话:0460-82-2717

◎E-mail:info@hmop.com

◎营业时间:10:00-17:00(夏季每周六延长至21:00闭馆)

※2018年7月25日〜2018年8月31,营业时间延长至8:00~18:00

◎官网:http://www.hmop.com/

登载内容为当时拜访时内容为准,今后或许会有任何变更或中止而使登载有错误的可能性,请自行斟酌并自行查证。
若因登载内容而导致有任何损害或损失等,本馆恕不承担其责。请务必自行查询最新资讯,若有任何问题请直接询问各相关机构。

2018年箱根強羅大文字焼き、楽々花からの写真と夏祭り

 2018年箱根強羅の大文字焼きと花火は、無事8月16日に実施されました。朝から大雨で心配していましたが、夕方から夜にかけての、大文字焼きの間だけ雨が降りやむという、奇跡的なお天気でした。
去年も雨だったんで、ご先祖様が神様にお願いしてくれたのかも?

さて、今年はカメラの使い方を事前によく確認し、楽々花のバルコニーから写真を撮りました。
撮ってみて思ったんですが、花火の写真は非常に難しいです。なぜなら、三脚でカメラを固定しないといけないんですが、花火の打ちあがる位置が、種類によって高かったり低かったりするのです!そして、いつ打ちあがるのか、まったくわかりません。
でも一応撮れましたんで、どうぞご覧下さい。風が少しあったせいか、煙が滞留せず、花火はかなり鮮明に見えました。
花火の後は、夏祭りの様子も少しですが撮影してまいりました。

お祭りには夜9時ごろ行ったのですが、すでに店じまいしている露天もありました。もうちょっと早く行った方がよさそうです。
歌謡ショーへ行ってみると、歌手の増位山太志郎さんが舞台から降りて歌っていて、その周りをたくさんのおじいちゃん、おばあちゃんが取り囲んで、みんなスマホで写真や動画を撮っていました。

お祭りの様子

広島焼き。終盤でもけっこう売れているようでした。

お祭りに関するお問い合わせは、箱根強羅観光協会へお願いします。
TEL: 0460-82-2300

箱根強羅大文字焼き(2018年)、無事実施されました

天気予報は曇り時々晴れだったんで、すっかり安心してましたが、朝起きてみると、大雨。午後になっても降ったりやんだり。「もしかしてダメかも…」と心配していましたが、夕方ごろに降りやみ、無事実施されました。そして夜10時ごろには再び大雨。まさに奇跡的な雨のやみ方でした。去年は霧が晴れず、あまりよく見えませんでしたが、今年はよく見えました。

楽々花は全室大文字山眺望の旅館です。皆様のお越しを心よりお待ち申し上げております! (さらに…)

箱根美術館はまだまだ紅葉が楽しめました!

皆さんこんにちは。
今日は、以前から掲載したいと思っていた、紅葉の写真です!
強羅で紅葉スポットといえば、やはり箱根美術館が有名です。紅葉の名所として知られ、この時期は連日多くの人が訪れます。
というわけで私も行ってまいりました。楽々花から箱根美術館までは、歩いて10分くらいでした。ただしケーブルカー公園下駅の辺りからは一駅分上り坂になります。
坂はイヤ!という方はケーブルカーで一駅登り、次の公園上駅で下車すれば目の前が箱根美術館です。ただ混雑時は公園下駅にケーブルカーが来たころには満員で乗れない場合があります。
その時は一つ下の強羅駅まで下りて、列に並んで乗るしかありません。

さて、箱根美術館に到着すると、お天気がいいせいもあってか、チケット売り場には多少の列が。やはり今日もたくさんの人が訪れていました。ちなみに大人料金は900円でした。
さっそく中に入ってみると、まだまだ紅葉しているではありませんか!葉っぱがほぼ落ち切ってしまった木もありましたが、木の本数が多いので十分見ごたえがありました。
また、木々の下一面に広がる苔も見事でした。
写真を撮って参りましたので、どうぞご覧下さい。

いかがでしたでしょうか?今年はもうムリ!という方も、来年は是非いらしてください。箱根美術館ほどではないですが、楽々花のお庭も紅葉していますよ。
ところで箱根美術館には、紅葉だけでなく、美術品ももちろんありまして、歌川広重の東海道五十三次などを見ることができ、なかなか興味深かったです。
他には、世界救世教の教祖であり、箱根美術館の創設者でもある岡田茂吉に関する展示や、茶室「真和亭」、ミュージアムショップ「光琳堂」などがありました。

 

※掲載内容は訪問時のものであり、今後変更、廃止される可能性があります。また注意はしておりますが、掲載内容に誤りがある場合があります。掲載内容を元に行動された結果、損害、損失などが発生しても当館では責任を負いかねますので、必ずご自身で最新情報をご確認ください。またお問い合わせは直接各施設へお願いします。

从乐乐花温泉饭店走路就可以到的便利商店-Daily 山崎

从我们住宿的饭店”乐乐花”到最近的”便利商店Daily Yamazaki”走路只需要6分钟喔!!
对面也是就强罗站最重要的观光景点”强罗公园”。
“便利商店Daily”的营业时间是早上7点到晚上9点。晚上想去便利商店逛逛的话,要注意时间。

(さらに…)